農地転用

はじめに

自分で所有している田畑でも別の農家と勝手に売買することもできませんし、結婚した子供のために勝手に家を建てることもできません。
「自分の土地だから自由に使っていいだろう」と思う気持ちはよくわかりますが、農地であった場合は農地法その他の関係法令の制約を受け、原則として知事の許可が必要となります。
またどうしても転用できない農地も存在しますので、まず事前の調査が必要です。

1.農地法の許可の種類


例外:「市街化区域」の場合
対象の農地が「市街化区域」にある場合は、農地法第4条・第5条の手続きは、「県の許可」ではなく、「市の農業委員会への事前届出」となります。

2.農地転用申請と農振除外申請・開発行為許可申請の関係

農地転用・開発行為許可申請料金表(埼玉県内)

料金表はこちら